■WEBライター6年の実践者が語る
 「受注を増やすために大切なこと」


ここでは、ランサーズに登録しているWEBライターの声を掲載しています。
今回、体験記をお話ししていただくのは、荒井一浩様(年齢40歳・男性・歴6年・月収6万〜10万円)です。


では、どうぞ。



私は40歳の男性です。WEBライター歴としては6年ほどあります。
WEBライターとしての収入は月6〜10万円あります。過去6年間で約10,000記事は書いています。WEBライターとして書いたジャンルとしては、健康系、金融系、投資系、一括見積もりサイト、恋愛系、転職系、地域情報系などがあります。


■WEBライターになる前、何をしていたか

WEBライターになる前はIT企業で2社、合計10年働いていました。
最初の仕事は、大手日本企業のパソコンにインストールされている、ソフトウェアの検証を2年間行いました。

その後、部署異動して6年間、会社の仲間と独立して2年間は、障害者向けのソフトウェアの販売、サポート、パッケージ制作を行いました。しかし、仕事のストレスから心身に異常を来たして、うつ病の一歩手前の心身症を患いました。 これ以上はムリと判断して、会社を退職して休養することになりました。


■WEBライターになろうと思ったきっかけ


休養中は時間もあったので、ブックオフに行っては中古ビジネス書を買って読んでいました。 当時(2008年頃)は神田昌典さんの名前がアチコチ見かけ、コピーライティングはどういうものかを知りました。

「文章を書くとお金を稼ぐことができる」
文章でお金を稼ぐビジネスは、作家のイメージしかありませんでした。「まさか文章なんかで・・・」。 そう思いながらも文章でお金を稼ぐことに対して、興味を持ち始めました。 今でこそWEBライターとして文章を書いているものの・・・。昔から文章を書くのも読むのも大嫌い! 当然ながら国語の成績も悪く、大嫌いな科目でした。 会社員時代、文章を書くのが下手で何度も怒られていました。 怒られても何がダメなのか、わからないほどでした。

そのときにブックオフで偶然買った、出口汪さんの論理的に文章を書く本。
そして、神田昌典さんオススメの「人の心を動かす文章術」を読み、文章を書く面白さを知ることに。 作文のように堅苦しい、文法ガチガチの形式的な文章のイメージしかなかった私に、 「文章は自由に楽しく書いていい」ということを知り、その後文章を書く練習を何度もしていました。 文章を書くのが好きになると同時に、文章を書く仕事がしたい!  会社員として雇われず、自分の好きなことで仕事をしたい!  これがWEBライターになろうとしたキッカケでした。


■初めて仕事を受注した時の話

しかし、ここで1つ問題が・・・
「どうやって文章を書く仕事を見つけられるだろうか?」。 営業も提案もできない私にとって、ここが大きな問題となりました。

そのときにネットで、ライティングの仕事を案内しているサイトを発見。
当時は今のように、クラウドソーシングサービスがなかった時代でした。
そのサイトで、レビュー記事を書く仕事を発見し、問い合わせを行いました。
これが最初の案件でした。

記事は30記事ほどあり、1記事あたり500文字前後だったと思います。
記事単価は忘れましたが、相当安かったと思います。本で勉強はしたけれど、師匠や先生もいませんでした。文章を書くのにリサーチ方法もわからなかった状態。とにかく手探り状態で、1記事書くのにも何時間もかかったと思います。それでもなんとか書き上げて、収入は少ないものの、文章でお金を稼ぐことができました。

文章を書くのが嫌いだったのに、それで仕事ができたこと。
雇われず自分で収入を得られたことが、何より大きな喜びでした。


■WEBライターになって想像と違っていたこと


「文章を書くとお金を稼ぐことができる」
確かにそうですが、1記事あたりの記事単価は安く、思った以上の収入はありませんでした。WEBライターの場合、基本的に売り切りのビジネスです。書いた記事は自分のものにならず、提出した時点でクライアントに著作権が移ります。

書けば書くほどスキルや実績は上がります。しかし、自分の書いた記事は自分の資産になりません。仮に私の書いた記事から毎月10万円の売上が出ても、その分の成果報酬はもらえません。あくまで1記事あたりの記事単価となります。そのため、記事単価が高い案件を見つけることが重要になります。

より稼ぎを増やしたいと思ったら、WEBライター1本でたくさん案件をこなすか? WEBライターをやりながら、ライティングスキルを活かして自分でビジネスを作るか? WEBライターで収入を得るためには、この考えや判断は重要です。



■WEBライターとして押さえておくべき点


WEBライターは、時間も、場所も関係なくどこでもできます。
嫌な人間関係に縛られることもありません。 自由である一方、この自由が仇になることもあります。 つまり、自分で仕事を管理しないといけません。気軽にできる面もありますが、やはりビジネスです。そこで、WEBライターで仕事をするうえで、以下の点を押さえておく必要があります。


【責任能力とスケジュール管理】

仕事は取ったけどできそうにもない・・・
それで仕事を放棄して、連絡が取れなくなるWEBライターは多くいるようです。 案件を進めていくうえで、時間の確保がどれくらいできるか? 修正することを考慮して、締め切りはいつになり、間に合わせるにはどうすればいいのか? ここの責任能力とスケジュール管理が重要です。


【仕様の確認】

自由に書いていいという一方、文章の構成や文字数、書き方が指定されていることもあります。きちんと仕様どおりに提出することが大切です。



【クライアントとの対応能力】

記事の提出から不明な点を質問するなど、クライアントとのやり取りが多くあります。なるべくこまめに連絡を取ると、クライアントも安心して仕事を任せられます。


【記事単価と文字数の確認】

1文字あたり何円なのかを確認することは重要です。
また、文字数が多くなれば書くことも増え、文章構成も重要になります。最初は記事単価が安く、文字数が少ない案件で問題ありません。しかし、慣れて実績やスキルができたら、意識的に記事単価を上げることが重要です。


【リサーチ能力】

文章が書けない場合の多くは、リサーチが不足しています。
まずは書く内容のキーワードで検索することが重要です。 また、どんな内容を必要としているのかを、先回りして考える必要があります。病気であれば、概要、原因、症状、治療法などがあります。 このようにジャンルに応じて、必要な情報をリサーチできることが大切です。


【わかりやすい表現や例えを使う】

案件の中には専門用語があり、健康系なら病気や症状、薬などの医療用語などがあります。WEBライターの仕事は、難しい言葉を使うことではありません。
専門用語をわかりやすい表現や例えで説明できることが重要です。


【HTMLタグやワードプレスの使い方を身につける】

必須のスキルではありませんが、最近はワードプレスへの投稿を含めた案件があります。 ワードプレスを使う際に、HTMLタグを使うこともあります。 改行、画像、リンク、見出しのタグを一通り使えれば問題ありません。


■私が考える、WEBライターとして稼げる最短ルート


WEBライターとして以上の点を押さえれば、スキルや実績も上がっていくと思います。とはいっても、何からやっていいのかわからない、というのもあるかもしれませんね。そこでWEBライターとして稼げる最短ルートは下記があります。


【クラウドソーシングサービスをフル活用する】

やはり最大の壁は、どうやって仕事を取っていくのか?
WEBライター以外で仕事をしていれば、活動できる時間も限られます。 そこでクラウドソーシングサービスをフル活用しましょう。ネットで大量のライティング案件を見つけることができます。


【興味や得意なジャンルがあれば提案してみる】

苦手で興味のないジャンルを書くのは、やはり苦痛です。 過去に投資系の記事を書きましたが、どうしても好きになれません。 それよりも興味がある、得意なジャンルがあれば、提案してみましょう。 書くのもスムーズにできますし、WEBライターとして長く続けることができます。特定のジャンルに詳しくなれば、継続案件の可能性も高まります。 あわせて記事単価の高い案件にもチャレンジできます。



【少ない文字数で実績を多く作る】

案件探しの次の壁としては、やはり文字数ではないでしょうか?
いきなり長い文章は書くのにも抵抗があるはずです。そこで、最初は500・00文字前後の案件をこなし、実績を作りましょう。 少しずつ慣れたら、800文字、1,000文字・・・とステップアップしましょう。目安として1,000文字書くことができれば、それ以上の長い文章も書けるはずです。


【書いたジャンルの実績をプロフィールに掲載する】

1記事でも書いたジャンルがあれば、その実績をプロフィールに掲載しましょう。 こうすれば、実績を増やすことができます。

私は1記事でも書いた実績があれば、プロフィールにどんどん掲載します。
当然ながら、クライアントは書いて欲しいジャンルが書ける、WEBライターを探します。

「うつ病」なら「うつ病」でWEBライターやプロフィールを検索します。
たった1記事の実績でも、「うつ病」と書いたプロフィールで引っかかれば、仕事を依頼したいと思うはずです。

結果として、仕事の直接依頼や招待が来る確率が高まります。私はこれを「プロフィールのSEO」と呼んでいます。このおかげもあってか、仕事の直接依頼や招待もボチボチ来ています。手軽にできる方法ですので、試してみてくださいね。



■後輩ライターに伝えたいこと


「WEBライターの仕事は楽しいのか?」
きっとこの疑問は持たれているはずです。 結論としては、WEBライターの仕事は楽しいです。今でこそ、このようなことを言えますが、昔は文章を書くのも読むのも大嫌いでした。 そんな私が、WEBライターの仕事をしていることが不思議なくらいです。 WEBライターに限らず文章を書くことは、仕事や生活面含めて一生ついて回ります。

多くの人が苦手とする、文章を書くことがスムーズにできれば、それは大きなメリットになります。 資料やマニュアル作りから、商品サイトのセールスレター、個人のメルマガ、ブログにも使えます。 このようにWEBライターで身につけたスキルは、応用が可能です。

個人的な考えとして、私はWEBライターだけにとどまる必要はない、と考えています。文章が書けるようになれば、ビジネスの選択肢がどんどん増えていくからです。

私は現在WEBライターで活かしたスキルを使って、アフィリエイトサイトにも挑戦しています。成果はまだまだですが、WEBライターのスキルが大きく役に立っていることは間違いありません。長くなりましたが私の体験談を元に、WEBライターを目指すキッカケになれば幸いです。






私の見解。
6年間で1万記事も書かれているのは、正直驚きました。私もブログを書いていますが、7年間で500記事ぐらいしか書けていません。多量に記事が書けるのも私は一種の能力だと思います。

akaz様も気づいているようですが、その能力を使ってアフィリエイトをするは得策です。WEBライターでは、記事は売り切りですが、アフィリエイトになれば記事はストックになります。

それと、長いWEBライター歴からくる知恵も参考になりますね。私が感心したのは、プロフィールに実績を載せる点です。それも、検索を意識したプロフィール作りです。それなりに効果があったようです。akaz様も「プロフィールSEO」と名付けているほどですから。

参考になる情報、ありがとうございました。



■ 他のWEBライダーの記事も読んでみよう ■

WEBライターとしての年収が500万円に達した訳

 

WEBライター6年の実践者が語る「受注を増やすために大切なこと」

 

経験者が語る「ウェブライターとして稼ぐために必要なこと」

 

女性WEBライターが教える「堅実に月収20万円以上稼ぐ方法」

 

0歳児の子どもを抱えながら月収40万円稼ぐ女性WEBライター

 

海外生活しながら、平均月収の3倍以上稼ぐ女性WEBライター




TOPページへ戻る